生活

「おにぎりアクション2016」寄付額は総額いくら?募金のやり方は簡単

更新日:

「おにぎりアクション2016」がNPO「テーブル・フォー・ツー」の指揮のもとに10月11日より開催中です。

キャンペーンの参加方法は簡単です。おにぎりを食べて写真SNSに投稿するだけ。寄付額の総額も調べて行きましょう。

スポンサードリンク

「おにぎりアクション2016」開催期間と募金のやり方

世界の飢えと過食の問題は深刻で、この問題に取り組んでいるのがNPO「テーブル・フォー・ツー」。

「テーブル・フォー・ツー」が行うキャンペーン「おにぎりアクション2016」はおにぎりを食べたり、作ったりした写真を特設サイトに投稿もしくはSNS(ツイッター、フェイスブック、インスタグラム)に投稿すると、1件につき100円が協賛事業から寄付されるというもの。

100円の寄付でアフリカやアジアの子供たちの給食5食分がまかなえます。

キャンペーンへの参加はおにぎりを作ったり食べたりしている写真を投稿するだけなので、消費者に負担となることはありません。

それでいて誰かの役に立てるわけですから、嬉しいですよね。

特設サイトの動画がまたいいんです。これもおにぎりを作ったり食べたりしているだけなんですが。

自分一人ではできないことなので、こういう企画があるとありがたいなと思います。

 

開催期間

2016年10月11日(火)〜11月30日(水)

 

写真の投稿方法

おにぎりを作ったり食べているシーンを写真撮影

(おにぎりだけの写真も可、おにぎりは市販のものでも作ってもどちらでも可)


サイトもしくは#OnigiriActionをつけてSNS(ツイッター、フェイスブック、インスタグラム)に投稿

 

#OnigiriActionの文字は大文字でも小文字でも構いません。

 #ONIGIRIACTION#onigiriaction

でも大丈夫です。

投稿は無料です。

 

本来1件につき100円(給食5食分)が協賛企業から寄付されるのですが、伊藤園も協賛企業になっていて、「お〜いお茶」とおにぎりを一緒に投稿すると伊藤園からプラス5食分寄付されます。

 

特設サイトは文末に載せていますので参考にされてくださいね。

 

おにぎり写真を投稿しなくても寄付はできる!

「おにぎりアクション2016」ではおにぎりにまつわる写真を投稿する以外にもキャンペーンに参加することが可能です。

協賛企業のキャンペーン対象商品を買うと売上の一部が寄付されます。

・SEIYU

・Wakana

・IEON

・伊藤園

・cafe meal MUJI

・母さんの味 ますやみそ

・はくばく

・道の駅多古 あじさい館

・花田

・GYU!

 

対象商品購入期間は企業によって異なります。

特設サイトを確認してくださいね。

スポンサードリンク

寄付金総額はいくら?

2015年11月19日の毎日新聞の記事には

TFTも特設サイトにおにぎりの写真を投稿すると途上国の子供に給食5食が寄付される。昨年のキャンペーンでは160万食以上の給食を提供できた。

出典:http://mainichi.jp/articles/20151119/ddm/013/040/004000c

とありました。

2014年の寄付額が160万食以上ということで、100円で5食分なので約3200万円の寄付が集まったことになります。今回の総額もこれくらいいくのかなと思われます。

総額はわかり次第こちらで追記していきますね。

 

まとめ

・「おにぎりアクション2016」のおにぎり写真投稿期間は2016年10月11日(火)〜11月30日(水)

・対象商品購入期間は協賛企業によって異なる

・2014年のおにぎりアクションでは160万食(総額3200万円)の寄付ができた

 

「おにぎりアクション2016」特設サイト

 

-生活

Copyright© Nijiiro , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.