イベント

ラーメンダービー2017の京都開催期間をチェック!前売り券と当日券との違いは何?

投稿日:

今年2017年の開催で4回目となる関西ラーメンダービー。京都競馬場の陽だまり広場にて開催されます。期間中あわせて20店舗以上のラーメン店が集結するという、ラーメン好きにはたまらないこのイベント、開催期間をまずチェックしてみましょう。あわせて当日券と前売り券の違いは何か、見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

開催期間をチェック!

今年の開催期間はまず第1レースと名付けられた第一弾が10/7(土)、10/8(日)、10/9(月)の三日間、第2レースの第二弾が10/14(土)、10/15(日)の二日間です。

営業時間は京都競馬場の開門時間(通常9:00)〜17:15まで。ラストオーダー、チケットの販売終了は16:45です。

競馬場に合わせているから仕方がないのかもしれませんがラーメンなら夜まで、いや深夜まで営業してくれたらいいのにな、とちょっと思います。飲んだ後の締めのラーメンという利用ができればちょっと嬉しい、と思う方も多いのでは。まぁラーメンもダービーなので。

【ラーメンダービー2017】開催期間中の競馬観戦は可能?メインレースもチェック

 

前売り券はいつまで販売されてるの?

2017関西ラーメンダービーは前売り券が発売されます。一枚850円でラーメン一杯分です。8/21(月)から10/15(日)までの販売です。

セブン-イレブンのマルチコピー機、ローソン/ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポート、サークルK・サンクスのKステーションにて購入できます。

払戻は出来ないので、確実に食べれられる分だけ購入するほうが良さそうですね。でもついつい欲張って買いすぎてしまうかも。

スポンサードリンク

 

前売り券とも当日券の違いは?チケット購入時間の短縮に

でも、もし買っておいた前売り券では足りない!ということになっても心配はいりません。ちゃんと会場で当日券も販売しています。こちらも前売り券と同じ値段で一枚850円、ラーメン一杯分です。

値段が一緒となれば、「では何が前売り券とは違うの?」という疑問がわいてきますよね。

値段の差こそありませんが、前売り券をあらかじめ購入しておくことによってラーメンチケット=当日券を買う為に並ぶ必要が無くなります。

会場ではすべての店舗でラーメンチケットを使用するので当日券売り場は混雑必至。更に各ラーメン店にも行列ができると予想されるので、チケット購入の時間が省けるならばそれだけでも目当てのラーメンがゲットしやすくなります。

人気店のラーメンを狙っている方や上手に時間を使って色々食べたい方は前売り券購入がオススメですね。

 

まとめ

今から楽しみで仕方がない関西ラーメンダービーですが、計5日間で一体何店舗まわれるのか、時間と資金と、そしてご胃袋と相談して綿密な計画のもとに当日を迎えましょう!

ラーメンダービー公式サイト

スポンサードリンク

-イベント

Copyright© Nijiiro , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.