生活

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」はデイタイムも使える!

更新日:

泊まれる本屋さんBOOK AND BED TOKYO(ブックアンドベットトウキョウ)。漫画喫茶ではないですよ!ちゃんとベットが用意されているたくさんの本に囲まれた宿泊施設なんです。

でも実は、宿泊しない人も利用できちゃう場所なんです。デイタイムを有効に使いたい時にオススメです。

スポンサードリンク

 

ひたすら本に囲まれてゆっくり凄したいなら

約1700冊の洋書から漫画まで幅広いジャンルを展開しているブックアンドベットトウキョウ。

利用者に制限を設けているので、窮屈すぎず、足を伸ばしたり、くつろげるまさに自宅の延長っといった感じ。

漫画喫茶でも図書館でも味わえない落ち着いたゆったりした夢のような空間です。本好きにはたまらない空間なのでここはオススメスポットです。

公式サイトも文末に載せていますのでご参考にされてくださいね。

 

「ブックアンドベッドトウキョウ」は泊まるだけじゃない

出来たては宿泊のみの利用だったブックアンドベットトウキョウ。話題の施設という事で、予約がなかなか取れない状況もあり、デイタイムでの利用も可能になりました。

営業時間は13時から17時、1時間の利用が税抜き500円、フリータイムが税抜き1500円になります。

個室やシャワーは利用できませんが、ラウンジ席にコンセントもあり、PC作業やスマホの充電も可能です。

料金の支払いはクレジットカードか交通機関のICカードのみで現金は使用できないので注意してくださいね。

スポンサードリンク

 

主婦にとってはデイタイム最高!

こちらはフリードリンクなどはないですが、持ち込み可能なので、お気に入りの飲み物など持参して行かれるといいかと思います。

内装も凝っていて、どこかの外国のような雰囲気。天井にも本がディスプレイされていておしゃれ。

ちょっと洒落た感じの本が多いので、主婦の忙しい日常から自分を解放するのにもってこいです。切り口の面白い本だったり、外国人の利用者の方にも楽しめるように写真集であったり、もちろん漫画も。普段手にとらない新しいタイプの本と出会うことができますよ。

又、利用者が外国人や女性が多く、クレジットでの支払いという事もあるので、客層も安心できるかと思います。日常からちょっと抜け出し、好きな本をじっくり読む。至福のひと時です。

 

まとめ

・読む本が偏ってしまったり、本屋さんでじっくり探すのは苦手という方にもオススメ

・場所も池袋で交通の便もいいし、女性客も多い

・おしゃれな雰囲気で雑多な日常から解放されるので忙しい主婦のプチトリップにもってこい

 

BOOK AND BED TOKYO公式サイト:http://bookandbedtokyo.com/

 

関連記事

泊まれる本屋の予約方法と女性やカップルが泊まる時の使い方

 

スポンサードリンク

-生活

Copyright© Nijiiro , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.