エンタメ

ターミネーターの順番を確認!時代設定は西暦何年?

投稿日:

アーノルド・シュワルツェネッガー主演代表作ともいえる『ターミネーター』シリーズ。その最新作「ターミネーター ニュー・フェイト」が2019年11月に日本で公開されることが決定しました。ここでは過去作の順番や時代設定は西暦何年なのかまとめます。

スポンサードリンク

ターミネーター作品のあらすじをおさらい

ターミネーターは、人類と未来社会を指定している軍事コンピュータ「スカイネット」との戦いを描いたSF作品です。

「タイタニック」や「アバタ—」「エイリアン」などを手掛けたジェームズ・キャメロンが監督の作品なので世界観が非常に作りこまれています。

第1作目ではスカイネットが製造した殺人アンドロイド、ターミネーターT-800型が2029年の近未来から1984年にタイムスリップしてくることから全てが始まります。

ターミネーターは近未来で人類を率いていたジョン・コナーの母親、サラ・コナーの抹殺が目的で無表情のまま銃で撃たれても怯まず追い続けてくる様は見る人にリアリティのある恐怖を与えたのではないでしょうか。

2作目では、1作目で名前のみが出ていたジョン・コナーが主人公となりあの敵として圧倒的な存在感を放つT-800は改良されジョンや人間の感情を理解しようとする人間のような面を見せながら仲間としてジョン・コナーやサラ・コナーを助けてくれます。

敵でしかなかった存在が心を通わせるようになった頃、溶鉱炉にゆっくりと沈んでいくラストシーンはターミネーターシリーズの中でも1,2を争うほど印象的で名シーンではないかと思います。

スポンサードリンク

歴代ターミネーター作品の順番を確認!

第1作目『ターミネーター』の舞台は1984年で、ターミネーターT-800は2029年の近未来からやってきます。

第2作目『ターミネーター2』の舞台は1作目から10年後の1994年で、未来の人類指揮者となるジョン・コナーを抹殺するためにより高度な戦闘能力を併せ持つT-1000が送り込まれました。

未来のジョンはT-800に過去の自身を守るようインプットし送り込みますが性能で上回るT-1000の抜け目ない強さに気を休める暇もなかった方も多いはず。

そんな困難を乗り越え、第3作目の『ターミネーター3』は10年後の2004年で少年だったジョンも青年になっています。

ジョンの前に現れたのはT-800によく似たT-850とその進化型である女性型のT-Xが登場。2032年の未来から来たことになっているため未来では前回の3年後からやってきたようですね。

第4作目『ターミネーター4』では舞台が2018年になり、今の私たちにとって非常に身近な年代になりました。

最初にT-800がやってきた未来まであと10年というところまで迫っており、スカイネットに対応すべくジョンが動き出します。ターミネーターの性能強化やジョンの成長などが順を追ってみられるため、作品が出るたびに未来が近づいてくるような感覚にワクワクしますね!

なお、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の作品は部隊が1984年、つまり1作目と同じになりますが、設定が少し変わりどちらかといえばIFストーリー的なものに近いようです。

まとめ

ターミネーターシリーズは基本的に1〜4まで年代設定は1984年から約10年後ごとくらいに続きが作られています。

新キャラクターも登場しますが基本的には登場人物も一貫していますし、続き物としては非常に順番で見やすい作品ではないでしょうか。

2019年に11月には新作も公開予定で、そちらも続きになるようですので今のうちに過去の作品をチェックして備えておきたいですね!

<参考資料>
https://eiga.com/movie/89599/
https://eiga.com/movie/46383/
https://eiga.com/movie/1189/
https://eiga.com/movie/53229/
https://theriver.jp/terminator-new-fate-jp-date/

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事



-エンタメ

Copyright© Nijiiro , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.