エンタメ

【水戸黄門】印籠を出すのは誰?セリフと一緒に中身や使用方法をチェック!

更新日:

勧善懲悪の定番時代劇、『水戸黄門』。最後にはいつも悪人が懲らしめられるお決まりのシーンを見るとスッキリしますよね。この時に重要な役目を持っている黄門様の印籠。でもよく考えたら印籠って何?という疑問が。

ここでは黄門様の印籠の中身や本来の使用方法、更に印籠を出すのは誰か決まっているのか?そしてその時の決めセリフがあるのかなど探ってみました。

スポンサードリンク

 

黄門様の印籠の中身が気になる!

印籠を取り出してご老公の正体が水戸黄門だと明らかになる、あのおなじみのシーンを見ていると印籠ってまるで身分証明書のようなものだと思っている方も多いのでは。

かつては印鑑を入れていたことから印籠という名がついていますが、実はこれは携帯型の薬入れ。常備薬を入れて持ち歩くためのもので、今で言うピルケースのようなものですね。

手の込んだ蒔絵や螺鈿細工が施されたものもあり、江戸時代の男性のファッションアイテムでもありました。本来は帯に印籠の紐部分を挟んで根付に引っ掛けて携帯するという使い方が一般的でした。こうすると動いたときに着物の隙間から印籠がチラッと見えることになり、これが江戸っ子の粋だったようです。江戸っ子の着物も表面は地味で中が派手だったりしますもんね。

黄門様の印籠の中身もやはり薬が入っているようで、印籠から薬を取り出している場面もあります。角さんの傷に塗ったり、風車の弥七が撃たれたときにも使用されました。また胸の病にかかった人に渡したことも。ですがどんな薬が入っているかははっきりしていません。黄門様の謎の一つといえます。モデルの徳川光圀は食い道楽というか、おいしいものに目がなかったので、胃薬は確実に入ってそうですけどね。

 

あのシーンで印籠を取り出すのは誰!?

『水戸黄門』の一番見せ場のシーンといえば印籠を悪人の前に突きつけ黄門様の正体が明らかになるところ。黄門様と一緒にいつも旅している助さんと格さんのどっちかが状況に合わせて同じくらいの頻度で行っているのだろうと思っていましたが、実は殆どが格さんだったんです。その割合は75%超。普段印籠を携帯しているのも格さんのようです。ちょっと意外ですね。

それ以外のパターンとしては助さんが出すパターンや何と黄門様自らが取り出すこともあるようです。まれですが、八兵衛も出した事があります。

また、たまに印籠が登場しないこともあります。印籠シーンなしの黄門様のなんて何だか寂しいような気もしますが…。

【水戸黄門】助さん役と格さん役は誰?歴代も一覧してみた

 

スポンサードリンク

 

一度は言ってみたいこのセリフ!

そして印籠を取り出すときの決めセリフ!これは数ある時代劇の中でも屈指の名セリフといえるものです。

「この紋所が目に入らぬか!!!」

「ここにおわす御方をどなたと心得る。恐れ多くも先の副将軍、水戸光圀公にあらせられるぞ!!!」

「皆の者、頭が高い!控えおろう!!!」

一度は口にしてみたいですね。かなりスッキリしそうです。というか、その紋所の印籠が欲しいと思うのは私だけではないはず。

印籠って探せばあるんですね〜。葵の御紋ではありませんが手の込んだものだと数万円だったりします。

もちろんお手頃な値段で水戸黄門の印籠も赤坂サカスや東京駅にあるTBS STOREや楽天などの通販でもあつかっています。800〜1500円ぐらいであります。

TBSishopなどでも取り扱っている水戸黄門の印籠スマホケースは水戸黄門好きのおじいちゃんへのプレゼントにしても楽しそうです。スマホケースは2000円(税抜)です。

 

まとめ

・印籠の中身は薬

・印籠は江戸時代の男子のファッションアイテム

・印籠を取り出す役目は殆ど格さん

・決めセリフは

「この紋所が目に入らぬか!!!」

「ここにおわす御方をどなたと心得る。恐れ多くも先の副将軍、水戸光圀公にあらせられるぞ!!!」

「一同、頭が高い!控えおろう!!!」

 

黄門様の旅路には印籠は欠かせませんが、印籠についてちょっとした豆知識を仕入れてから見るとまた違った楽しみ方ができそうですね。中身の薬の正体は明らかになる日が来るのかも個人的にとても気になります。

格さんの懐にしっかりと守られながら印籠と黄門様の旅路はこれからも続いていくのでしょう。

参照:TBS-水戸黄門大学

 

関連記事

【水戸黄門】武田鉄矢の前は誰?歴代の黄門様を一覧にしてみた

荒井敦史の身長や体重をチェック!年齢や血液型も見てみた

財木琢磨の身長や体重をチェック!年齢や血液型も見てみた

【水戸黄門】歴代風車の弥七を一覧化してみた!アイテムもチェック

【水戸黄門】主題歌歴代歌手を一覧化!「ああ人生に涙あり」の歌詞がいい

スポンサードリンク

-エンタメ

Copyright© Nijiiro , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.